医学部受験の予備校別の費用

医学部受験の予備校別の費用
大手予備校  
駿台・河合・四谷学院 100万円台
大手平均 100万円
代ゼミスカラシップ生、武田塾 数十万円
医専(医学部進学専門予備校)  
メビオ、ビックバン 700万~1000万
メディカルラボ(個別) 700万~1000万
医専平均 500万
富士学院、代官山メディカル、メディック等 200万~500万

YMS

100万~200万

大手予備校は時代遅れのサービス?

講師がお経を唱えるかの様な昭和時代的な講義が多く、純粋な生徒達がそれを一生懸命に写経している。

今の時代にその様な懐古趣味的なリアル授業が必要なのだろうか?

明らかに無駄な時間(数十~数百時間)と授業料(100万円)が多い事が分かるだろう。

猛威を振るう近年のICT教育コンテンツ

近年、スタディサプリなどで大企業がICT教育サービスに乗り出した影響により大手予備校の人気講師の授業を格安で受講できる時代になっています。

また、一獲千金を狙うただよびや数学モンスター等のユーチューバー講師の誕生によって難関大学志望向けの授業を無料で受講できる環境になりつつあります。

この様な状況下で、我々は時代遅れの大手予備校の講義型サービスに高額の教育費を掛ける必要があるのか疑問を呈さざるを得ません。

そして無料オンライン自習室も活用すれば最強のコスパを目指せます。

医専は富裕層相手のぼったくり悪徳ビジネス

非常に高額の費用がかかる医専は、開業医の子息を相手にしてるので足元を見た金額に設定されている。(500万円~1000万円)

医学部受験はえげつない商売でもあるのだ。