ここで差がつく 有機化合物の構造決定問題の要点・演習の評判

構造決定の演習レベルが上がれば様々な化合物の合成も出来るようになります。

本書を読み込んで構造決定をマスターして下さい。

ツイッターで過去に出題された構造決定の良問トリニトリトルエン。

トリニトリトルエン
トリニトリトルエン

医学部最頻出

医学部受験で頻出である有機化合物の構造決定問題に焦点を絞った類書が少ない参考書である。構造決定を行うための基礎知識を要点整理編で一通り確認し、問題演習編で定着させる。

本書の構成

要点整理編の必須20テーマ

一問一答形式の確認問題が各テーマ10問前後で計約200問で構成されている。

問題演習編16問

入試問題の頻出テーマから厳選されている。

重問や新演習では無味乾燥的な解説が多いが、本書は問題への取り組み方や解き方のアドバイスなども適宜解説されていて、構造決定が苦手な人でも理解できるように丁寧でわかりやすく構成されている。

ここで差がつく 有機化合物の構造決定問題の要点・演習のポイント

  • 大学受験の有機化学を一冊で体系的に学べる。→ 重問や新演習では体系的に学べない。
  • 最頻出の構造決定問題に焦点を絞っている。
  • 医学部受験や難関大学志望者は得点源にできる。→ 得点源にしないと絶対受からない。

有機化学の出題と言えば構造決定問題ですが、実は医学部入試の有機化学はほとんど構造決定問題からの出題です。 

医学部入試では有機化学の配点が高く、有機で取りこぼさないことが化学の高得点の必須事項です。 

この本は構造決定問題だけにフォーカスした唯一無二の本で、これで基礎を固めてから重問、新演習の流れが理想です。

また、有機を得意にすれば解答時間を短縮できて、理論化学の込み入った問題にも時間配分できるので化学で高得点が望めます。 

また、化学は他の受験生も仕上げてくるので科目別の合格最低点が高く、化学で高得点を取ってやっとでボーダーライン位に思う必要があります。

結局は他の科目での勝負になってくるので、主要科目の目処が立った時が有機の勉強を進めるタイミングとも言えます。

焦って有機を極めようとすると、英数弱、有強に陥りやすいです。

この機会に医進館のテストを活用して有機を極めまくりましょう!

有機化学攻略の参考書・問題集ルート

重問や新演習で詰まれば「ここ差」の要点整理編で知識を再確認したり、問題演習編で解法を理解し直しましょう。

  • 基礎固め
    ここで差がつく 有機化合物の構造決定問題の要点・演習
    医学部受験で頻出である有機化合物の構造決定問題に焦点を絞った類書が少ない参考書。構造決定を行うための基礎知識を要点整理編で一通り確認し、身につけた知識を問題演習編で確実なものに仕上げる。
  • 難関繋ぎ
    重要問題集(重問)の有機化学

    A問題は軽くこなし、B問題を重点的に演習していき、新演習に繋げていく。

  • 難関攻略
    新演習の有機化学

    星1つレベルは軽くこなし、星2つ以上の演習を通じて最難関レベルの演習に繋げていく。難問好きなら、星3つレベルを中心に演習して下さい。

ぼぼ完璧の流れで、過去問演習に入ってください。

これで本番でもかなり戦えるでしょう。

古い本なら景安の大学入試にでる有機化学反応が面白いほどわかる本ですけどね、ほとんど売ってないです。(ZOOM医進館の管理人は持ってます)

理解補助用

新演習の著者の参考書で、全体的に堅めの解説です。大学受験化学の王道の参考書です。理解補助用の保険で持っておいた方が良いです。歩きながら読むと賢そうに見えます。
わかりやすい系の有機化学のレトロ本で、全体的に詳しく解説されています。理解補助用に大学受験の範囲外の内容も含まれています。